腹痛とは

お子さんはよく腹痛を訴えます。急な腹痛で多いのはお腹にガスが溜まったり、消化不良を起こしたり、便秘などが考えられます。その他の原因では細菌やウイルスによる急性胃腸炎や風邪、ストレスなどによる心因性による腹痛があります。

腹痛の原因

お子さんの腹痛の原因として最も多いのは便秘で、その次に多いのがウイルスなどによる急性胃腸炎です。一方、盲腸や腸重責といった緊急性の高い心配しがちな病気は頻度としてはそれほど多くはありませんが、重篤な病気を見逃さないように、便秘薬や下痢止めを使用するなど安易な対症療法を行うのではなく、原因をきちんと突き止めて治療することが大事です。

治療方法

様子をみる ・お腹の風邪が流行っている
・腹痛が2~3日続いている
・数日便が出ていない
・便をすると痛みがおさまった
・便の表面に血がついている。またはティッシュに血がつく
・おへその周りを痛がる
診療時間内に受診してください ・股の周辺(陰のう、股のつけね)を痛がる
・お腹がパンパンに膨らんでいる
・お腹をさわると嫌がる
できるだけ早く受診してください ・お腹を激しくぶつけた
・便に血が混じっている
・コーヒーの残りかすのようなものを吐いた